ゆきじにょんのCAFE気分

元病院看護師→現保育園看護師。1児のママ。育児って思った以上に大変!スイーツやグルメ、美容やダイエット…。日々目に留まったものを発信していきます!

アイスの種類って4種類あるらしい…。

f:id:yukizinyon:20200312222149j:image

こんばんは、ゆきじにょんです!

今日も暖かかったですね!

 

最近アイスばっかり食べていて思ったことなんですけど、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイスってなに?

 

分類されているのは知っていたんですけど、詳しくは知らなかったので、調べてみました!

 

アイスの種類

アイスの種類は法律により、明確に分類されています。

  1. アイスクリーム:乳固形分15,0%以上、うち乳脂肪分8,0%以上
  2. アイスミルク:乳固形分10,0%以上、うち乳脂肪分3,0%以上
  3. ラクトアイス:乳固形分3,0%以上
  4. 氷菓:それ以外のもの

 

これらは食品衛生法に基づく①「乳及び乳製品の成分規格に関する省令」②「食品、添加物等の規格基準」の2つの法律によって定められています。

 

どのアイスがどこに分類されるの?

f:id:yukizinyon:20200312222244j:image

実際のところ、意識して食べてないので、どのアイスがアイスクリーム?ラクトアイス?なのか分からないですよね!

参考程度に簡単にまとめてみました!

 

  1. アイスクリーム:ハーゲンダッツ、パルム(チョコレート)、MOW
  2. アイスミルク:パルム(抹茶チーズケーキ)、雪見だいふく
  3. ラクトアイス:スーパーカップクーリッシュ
  4. 氷菓:ガリガリ君

 

驚いたのがパルムの抹茶チーズケーキです!

絶対アイスクリームだろうと思って表記を見たら、アイスミルクと書いてありました…。

 

同じパルムでも味によって分類が分かれるみたいです。

 

 

ちなみに…

日本アイスクリーム協会ではそれぞれのアイスの特徴をこう明記してあります。

 

  1. アイスクリーム:乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれており、ミルクの風味が豊かに感じられます。
  2. アイスミルク:乳固形分と乳脂肪分は 種類別アイスクリームに比べて少ないですが、牛乳と同じくらいの乳成分を含んでいます。植物油脂が使われることもあります。
  3. ラクトアイス:乳固形分は種類別アイスミルクよりさらに少なく、植物油脂が使われることもあります。
  4. 氷菓:乳固形分はほとんどありません。果汁などを凍らせたアイスキャンディーやかき氷などがあります。

 

文字にして見てみると凄く分かりやすいですね!

ハーゲンダッツもパルムも、アイスクリームに分類されるのは納得ですよね!

 

 

今度、アイスを買う時に意識してみると、さらに美味しく食べれそうですね♪